こんばんは*
本日ブログ担当の松山です。

年が明けて落ち着いた頃
食べる七草粥
            
邪気を払い万病を防ぐ
無病息災を願う習わしです。
         
お粥に七種類の若芽が入り
消化を助け解毒効果で
お正月の食べ過ぎ飲み過ぎで
弱った胃腸はもちろん
身体リセットのきっかけを
作ってくれます。
      
七種類の若芽の
それぞれの効果を
ご紹介します^ ^
               
              
なな草粥のコピー
               
              
◉せり(芹)
数少ない日本原産の
緑黄色野菜
血脈を整え高血圧予防や
保温効果に優れています。

◉なずな(薺)
別名ぺんぺん草
カルシウムやカロテンが豊富で
風邪の予防に優れています

◉ごぎょう(御形)
別名母子草
咳や痰に効果があります

◉はこべら(繁縷)
ははこべのことで
古くから腹痛薬とされ
産後の浄血に用いられています
      
◉ほとけのざ(仏の座)
胃腸へ効果的です
       
◉すずな(菘)
かぶのことで
葉はカロテンや
ビタミンCの多い
緑黄色野菜で
腹痛薬として用いられます
         
◉すずしろ(蘿蔔)
大根のことで
同じく葉はカロテンや
ビタミンCの多い
緑黄色野菜で
美肌効果や風邪予防に
優れています
         
人日の節句として
1月7日の朝食に頂く
七草粥に習って
       
食生活を整える区切りを
作りましょう(*^^*)