こんにちは!
       
今日から3日間ブログを
担当します、上野です(*^^*)
          
          
気付けばもう6月…
関東も梅雨入りしましたね!
          
6月と言えば…
「ジューンブライド(June Bride)」
 
「6月の花嫁」「6月の結婚」を意味します。
                 
                 
ビラおダルのコピー
           
                
6月に結婚式を挙げると一生涯にわたって
幸せな結婚生活を送ることができると
言われていますが…
その由来をご存知でしょうか?
         
実は、ヨーロッパが起源のジューンブライド、
由来については3つ説があるんです!
             
             
①ローマ神話の女神説
ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、
結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が
守護する月が6月(June)であることから、
この月に結婚をすると生涯幸せに
暮らせると言われています。
             
            
②6月は結婚が解禁になる月だったという説
かつてヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は
農作業が大変忙しくなる時期であるため、
3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁止されていました。
結婚が解禁されるのが6月だったため、
結婚を待ちわびていた多くのカップルが結婚式を
挙げたことをジューンブライドの由来とする説です。
          
          
③6月の気候、時季が結婚式に最適な説
ジューンブライドの起源であるヨーロッパでは、
6月が1年間で最も雨が少なく天気のいい日が
多い時季のためこの説が生まれたとされています。
           
             
以上3つがジューンブライドの
由来といわれている説になります♩
          
一生に一度の大切な結婚式。
しっかりと幸せのお手伝いができるよう、
頑張っていきたいと思います(*^^*)