こんばんは!
今日もブログ担当は上野です(*^_^*)
           
      
突然ですが…
日焼け止めでよく見かける「SPF」や「PA」という表示、
それぞれ何を示しているかご存じですか?
                  
                  
紫外線対策のコピー
              
                                                                           
SPFとは…
シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる
紫外線 B 波( UVB )を
防ぐ力の大きさを示していて、
SPF1=約20分、UV-Bを
防ぐと考えられています。
                
つまり、SPF25であれば
20×25=500分⇒8時間20分もの時間肌を
紫外線UV-Bから守ってくれるのです!
       
通勤やおつかいなどちょっとした
お出かけには35程度、
1時間以上のレジャーや
スポーツには50以上を使うことをおすすめします。
               
                   
PAとは…
シミやしわの発生に大きく関わっている
紫外線A波(U VA)
を防ぐ効果の程度を表しています。
「PA+」~「PA++++」までの4段階に分けられていて、
+の数が多いほどUV-Aを
防ぐことが期待できます。
           
日常の生活であれば「PA+~++」程度でも
紫外線を防ぐことができます!
         
波長の長い紫外線A波は
雲や窓ガラスも通します(>_<)
晴れの日だけでなく雨の日や曇りの日
そして部屋の中や車の中にいても
影響をうけるので注意が必要です!
           
             
使用する場面によってSPF・PA値を選び、
肌の負担を最小限に
抑えて紫外線から肌を守りましょう♪