こんばんは!
本日ブログ担当の長島です(^^)
         
          
前回の記事では、
水分摂取の必要性とカフェインについて
書かせていただきました!

                   
      
“カフェインはあまり摂らないほうが良い”
ということは聞いたことが
ある方も多いと思いますが、
ではそれは何故なのか?
      
今日はカフェインを摂ることで
体にどんな影響があるのか、
詳しくお伝えしますね♩
              
                
1550908238043のコピー
            
            
コーヒーや紅茶、お茶にも含まれるカフェイン。
           
"カフェインは体をむくませる"
というのは聞くと思うのですが、
      
実は、むくむだけではなく
セルライトのつきやすい体に導いてしまうのです!
        
 
       
血液中には、
カリウム、マンガン、ナトリウムなどなど…
いわゆるミネラルが流れています。
    
このミネラルがあることで
血液がサラサラ流れ、血流が良いため
体があたたまります。
           
      
ですが、カフェインを摂取すると、
カフェインがこのミネラルを使ってしまい
血流中のミネラルが一気に減少してしまいます(;o;)

そうすると、血液はドロドロになり
血流が悪く、体は冷えてしまいます。
    
冷えから脂肪がつきやすくなり、
循環が悪いことから体がむくみ、
むくみが進行されることで
セルライトが作られていくのです!
          
          
         
なんとなく良くないイメージのカフェイン。
    
ですがこんなにも体に影響を
与えるのですね(O_O)

ダイエット中の方は特に避けるが吉!
              
         
普段の水分補給はお水にしましょう。
          
さらに、冷水よりも
体を冷やさない常温水や白湯がオススメですよ♩