こんばんは!本日、ブログ担当の田村です。これから3月~5月にかけての春の時期はぽかぽか陽気で過ごしやすいし、お花見やらピクニックやら屋外での活動も増えてきますよね。
でも、そこで気になるのが紫外線です。あんなに気持ちのいい春の日差しですが実は夏よりも紫外線が強いんです。「夏にしか日焼け止めを塗らない…」と言う方はとっても危険です!
 
お肌の老化は紫外線の浴びた量で決まると言われています。これを【 光老化 】と言います。
                                 
3月、4月はにぽかぽか陽気で気持ちよくてお肌での感覚としては紫外線が降り注いでるってのを実感することはあまりないですよね。
私はうっかり紫外線対策を忘れちゃうこともしばしばだし、忘れても「まぁいいか」くらいの罪悪感でした。が、ずっと気になっていた「なぜ春の紫外線が強いといわれるのか」について理由を探ってみると、あ~本当に紫外線強いんだなぁと実感。

紫外線=日焼けというイメージがあって、さらに、日焼け=夏・暑い、というイメージがあるのでついつい紫外線が強いのは夏だと思いがちです。でも実際は紫外線の量は気温ではなく太陽の高度や昼の時間の長さ、日照時間などによって変わります。
まず春先になると太陽の高度が上がります。それが何か?という感じなんですが、実は太陽光が差し込む角度がすごく重要なんですね。太陽からの紫外線はが地球に届くとまず大気層というところを通ります。
そこにはあの有名なオゾン層や雲、様々な微粒子などがあって、太陽光がそこを通るときに紫外線を吸収したり散乱したりして地上に届く紫外線を弱めてくれているんです。
              
なので、この大気層をできるだけ長く通ったほうが地上に届く紫外線量を少なくできます。太陽の高度が高くなると大気層を通る距離が短くなるので春、紫外線が強くなるという事です。

分かり易くイメージするとこんな感じ↓ 
              
紫外線のの画像のコピー
                   
日照時間は5~6月が一番ピークなので春は日照時間も長いし、紫外線も沢山出ているので夏場と同じ位の日焼け止め対策が必要です!
春からしっかりと日焼け対策しましょう!